カルボナーラの作り方・簡単に滑らかにするポイントをご紹介

今回は、簡単に滑らか食感が出来るカルボナーラの作り方をご紹介します。

ポイントを押さえることで、料理初心者の方でも簡単に滑らか食感ができます。そして、作り方自体も粉チーズを使わずスライスチーズで出来る簡単レシピになっていますので、ぜひ試してみて下さい。

カルボナーラの作り方

1 材料

・パスタ 200g
・生クリーム 200cc
・スライスチーズ 3枚(約40g)
・ベーコン 30g(6枚前後)
・卵黄 2個
・玉ねぎ 0.5個
・ニンニク 2片

・塩 小さじ0.5程度
・コショウ たっぷり
・オリーブオイル 適量

 2 作り方

★準備
① 玉ねぎは薄くスライスし、ベーコンは薄切り、ニンニクはみじん切りにする。

② ソースを作る。卵黄・スライスチーズ・生クリームを入れよくかき混ぜ、常温に置く。

③ オリーブオイルを敷いたフライパンに、ニンニク・ベーコン・玉ねぎの順番で炒め、塩コショウで味付けし、蓋をして保温する。

④ パスタを茹でる。たっぷりのお湯を入れた鍋に塩を入れ、パスタを茹でる。(③と同時並行で行うとベストです。)

★仕上げ
⑤ ボウルにパスタ・ソース・炒めた具材を入れて和える。

⑥ この際、和えて「固まらない」場合はボウルに入れた状態でレンジ加熱をする。(今回は600wで40秒を2回行ったら上手く滑らかになりました。)

⑦ お皿に盛り、コショウをかけて完成!

3 youtubeの料理動画でご紹介

4 レシピのポイント

カルボナーラ独特の「滑らかさ」を簡単に作るために、いくつかの工夫をします。

料理初心者の方も、この方法だと滑らかさの調節ができるレシピになっているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

まず、卵黄・スライスチーズ・生クリームを混ぜます。

この際、中には生クリームを使わず牛乳を使うレシピも多いですが、今回は温度調節のしやすさ(温度が下がりにくい)ことから生クリームを使用します。

そして、炒めた具材・卵液・パスタをボウルで和えます。

フライパンに直接和えると急激に温まり、ダマが出来る可能性があります。そのため、常温のボウルで行うとダマになりにくく滑らか食感ができます。

そして、固まらなかったら「レンジ→和える→レンジ」と行います。

500wで40秒加熱して混ぜ、固まらなかったらもう一度と行うことで、滑らか食感のタイミングを調節することが出来ます。

カルボナーラの作り方 まとめ

今回は、カルボナーラの作り方をご紹介しました。

初めて作る方に多いケースとしてダマになる・しゃばしゃばといったパターンがありますが、この方法であれば丁度よいタイミングに調節が効くレシピになっています。

また、材料自体も手に入りやすいレシピになっていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪


関連記事